書籍詳細

ファミリー・シークレット

副題 :
シリーズ名 :
著者 :柳美里
訳者 :
出版社 :講談社
定価 :\1,600+税
ISBN :9784062161992/4062161990
分類 :
発売日 :2010年5月7日
判型 :B6判

「子どもなんて、いなければよかった」作家・柳美里が、小説に閉じ込めてきた「過去」と初めて向き合った、家族「再生」への感動ノンフィクション。
なぜわたしは愛するわが子を叩くのか;「虐待」―カウンセリング第一回2009年8月1日;夢に出てきた男の正体;ある「虐待母」を訪ねて―名古屋にて;「二つの夢と息子」―カウンセリング第二回2009年10月31日;わたしと息子の現在;「母性」―カウンセリング第三回2009年11月1日;畠山鈴香と「碧いうさぎ」;父が死ぬ前に、話しておくこと;「26年ぶりの対話の前に」―カウンセリング第四回2010年1月24日14時;棘を失くした時計;「父・柳原孝に逢う」―カウンセリング第五回2010年1月24日16時;記憶にかかるフィルター;「最後の夢で見たもの」―カウンセリング最終回2010年1月25日;家族という檻のなかで

店舗在庫検索

当書籍を在庫している店舗はありません。

トップページへ戻る