書籍詳細

外交官が見た「中国人の対日観」

副題 :
シリーズ名 :文春新書
著者 :道上尚史
訳者 :
出版社 :文藝春秋
定価 :\780+税
ISBN :9784166607679/4166607677
分類 :
発売日 :2010年8月19日
判型 :新書判

沈む欧米諸国、日本をよそに経済的大躍進を続ける中国。我々は「中国はいい加減な国だ」とあら探しをして安心してはいないか?中国には自慢もあれば、自制もある。元中国公使が見た、聞いた「新しい中国」の姿。
第1章 若者たちは日本をどう見ているか―交流の現場から(インターネットが中国社会を変える?;超エリート校「北京四高」は日本で何を見たか ほか);第2章 中国の知識人たちとの対話(対話1―歴史認識とメディア、ビジネス;対話2―文化、コミュニケーション、外国観、環境 ほか);第3章 中国メディアは何を伝えているか(経済発展とオリンピック報道;中国人の「自己評価」 ほか);第4章 日本ってどんな国?―中国青少年への日本発信(日本は精神的豊かさを大事にしてきた;日本と中国の切っても切れない深い縁 ほか);第5章 共に進化する未来へ(日本の中国認識―危ない心理バランス;中国人の愛国心と「知」へのリスペクト ほか)

店舗在庫検索

当書籍を在庫している店舗はありません。

トップページへ戻る