おすすめ書籍

渋沢栄一100の訓言 「日本資本主義の父」が教える黄金の知恵

著者:渋澤健

価格:648円+税

ISBN:9784532195533

発売日:2010年8月3日

もっと知りたい!渋沢栄一

近代資本主義の父・渋沢栄一。その思想をひとことでいえば、「道徳と利益の両立」。
要するに、資本主義というものは、効率化や利益追求のうえだけに成り立っているものではなく、その根底にあるものは公徳心である。ということになります。なんだか半沢直樹みたいですね。
ちなみに、半沢直樹のモデルの一人といわれている稲盛和夫氏も渋沢栄一の熱心な信奉者です。つまり、その思想や人物像は半沢直樹の中にも少なからず投影されている。そんな文脈で、渋沢の生き方や経営哲学を掘り下げてみても面白いかもしれません。
本書では、渋沢思想の中核を成す「論語」(倫理・道徳)と「算盤」(経営・経済)のエッセンスを抽出。その道徳に則った経営思想は、ガバナンスやコンプライアンス、ポリティカル・コレクトネスへの配慮が必須科目となっている現代でも充分有効です。
姉妹本『渋沢栄一 100の金言』もぜひチェックしてみてください。ともに、ドラマをより深く楽しむための副読本としておすすめです。

(志木店スタッフ)

 

各店の在庫確認はこちら>>

オンライン書店「e-hon」で購入!(旭屋書店でも受け取れます)

おすすめ書籍一覧へ戻る