おすすめ書籍

燃えよ剣

著者:司馬遼太郎

価格:各790円+税

ISBN:(上)9784101152080、(下)9784101152097

発売日:1981年1月1日

旭屋書店スタッフイチオシの時代小説

時は江戸時代末期、江戸幕府に黒船の来航し開国を迫られていました。黒船来航は開国の他にもカステラなどの異国の文化をもたらし、人々の考えは良くも悪くも変化します。そうして、現幕府維持の「佐幕派」、討幕府を掲げ新政権を目指す「討幕派」、に分かれ対立が深まりつつあった激動の時代でした。
武州多摩の百姓であった土方歳三は悪ガキとされていました。けれども胸には「武士になりたい」という熱い思いを秘めており、近藤勇や沖田総司らと共に京都へ向かい、徳川幕府の後ろ盾のもと新撰組を結成しました。そして土方は鬼の副長と呼ばれ、討幕勢力制圧で活躍を見せます。
半ば、土方はお雪と運命的に出会い、魅かれあっていく。だが時流は、討幕へと傾いていくのです……。

結末は史実通りです。今さら語ることもないと思います。しかし近年は、坂本龍馬の視点で描かれる物語が多く新選組はサブのような役回りでした。けれども、彼らも時代を生き抜いた偉人で葛藤がありました。それを司馬遼太郎はまるで隣にいたような事細かさで語ります。

司馬遼太郎でないと、ここまで面白い一作を書き上げるなど不可能だったのかもしれません。司馬遼太郎は一冊の本を書き上げるのに、資料を何千冊と集めると言います。なので文才はもちろん、小説の教科書のような作品です。その絶対的な知識量に悪漢されること間違いなしです。

2020年には映画化も決まり、現代もなお語りつがれる凄さが詰まった作品です。この小説が無ければ、時代小説は廃れていたでしょう。そう思える至高の一作です。ぜひご堪能ください。

(イオン洛南店 村田裕樹)

 

各店の在庫確認はこちら>>(上)

各店の在庫確認はこちら>>(下)

おすすめ書籍一覧へ戻る