おすすめ書籍

白銀の墟 玄の月 第1巻

著者:小野不由美

価格:670円+税

ISBN:9784101240626

発売日:2019年10月12日

話題書

小野不由美の代表作であり、シリーズ累計1000万部を超える「十二国記」シリーズの18年ぶり待望の書下ろし新作です。
十二国記シリーズは1992年に刊行された『月の影 影の海』に始まって以来、今も衰えることのない人気で続編が待たれていた作品です。
十二国記とは、私達が住む世界とは別の、地図にない異世界「十二国」を舞台に繰り広げられる壮大なファンタジー。二つの世界は「蝕」と呼ばれる現象によってのみ、行き来することができる。「十二国」では天の意思を受けた霊獣である麒麟が王を選び、誓約を交わして王を決めます。選ばれし王は不老の存在となり、天の定めた決まりに従って国を治めますが、道を誤ればその命は失われてしまいます。気候、慣習、政治体制などが異なるそれぞれの国を舞台に、懸命に生きる民、政変に翻弄される王、理想に燃える官史などが、丹念に綴られている壮大な物語です。
11月には第3巻、第4巻も発売されますので、今年の秋冬は十二国記の世界にどっぷりと浸ってみてはいかがでしょうか。

(本部 正藤ひろみ)

 

各店の在庫確認はこちら>>

おすすめ書籍一覧へ戻る